神奈川県央ヤングクラブ

勇往邁進

~ 集中<夢中 ~

チーム概要

2012年2月10日、神奈川県央ヤングクラブ(KK-YC)は全日本少年硬式野球連盟の一員として正式に加盟承認を頂きました。

神奈川県央ヤングクラブ(KK-YC)は青少年の健全育成の一翼を担うべく、地域社会の一員として硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導します。
野球を通じて心身の練磨とスポーツマンシップ、フェアプレイの精神を理解させる事に努め、規律を重んじる明朗な社会人として成長するよう、その潜在能力を引き出すことにより次世代を担う少年の健全な育成と中学生硬式野球をはじめ幅広い野球の普及活動及び、特定非営利活動法人全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)の発展に寄与することを目的に、近隣チームのご協力のもと神奈川県の県央地区、大和市に結成しました。

 会長挨拶

選手募集要領

来春(平成29年4月)進学される新中学1年生を中心に募集しています。

 選手募集ページをご覧下さい。

お問い合わせ

事務局メールアドレスにお送り下さい。

 事務局にメール


〈平成29年度入団生募集中!〉

体験参加を随時受け付けております。

硬式野球に興味のある現小学6年生、中学1・2年生、いつでもお気軽にご参加ください!
体験参加ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

 体験会参加申し込み

【今後の活動予定】


新戦力として加わった一年生15名の入団式における決意表明

  • はると
    1年生大会、絶対優勝します!
  • たいし
    大谷選手のような速い球を投げて安定した投手に、チャンスでランナーをしっかり返せる打者になりたい。ベイスターズカップで優勝します!
  • そうた
    監督に言われたポジションをどこでも守れる選手になります!チャンスで打てるようになりたい。絶対にベイスターズカップで優勝するので応援お願いします!
  • ごう
    点につながるバッティングをします!守備では大きな声を出して積極的なプレーをします!1年生大会では絶対に優勝します!
  • りゅうき
    確実な守備をし、スタメンに起用されたときは試合に出ていない仲間に嫌な思いをさせないプレーをします!打率と出塁率をチームで1番高い選手になります!
  • やまと
    レフトで活躍できる選手になります!点を取るバッティングをします!
  • たいが
    チームの皆から信用される選手になります!ショートのレギュラーを獲ります!
  • しゅん
    センターのレギュラーを獲ります!ピンチの時でも打てる打者になります!
  • しょうたろう
    キャプテンや県央ヤングの先輩達に負けない選手になります!
  • りょう
    難しい打球を捕り正確に送球できる選手になります!チームバッティングを意識します!
  • だいき
    守備範囲の広い選手になり試合で活躍します!
  • とうま
    クリーンアップに入り大量に得点を稼ぎます!絶対に後ろに逸らさないよう打球を体で止め、しっかりショートバウンドをキャッチします!
  • まさる
    入団式を開いていただきありがとうございます。1年生キャプテンとして責任感をもってチームをまとめます!
  • ななせ
    ヒットをたくさん打てる選手になります!
  • けんしん
    一生懸命練習をして4番バッターになります!

この春から高校での新たな活躍に期待の第二期卒団生からのメッセージ

県央での3年間に感謝!

  • 基本はもちろん、細かいプレーまで徹底的に教えてもらうことができました。高校ではトップレベルの選手を目指し、毎日頑張っていきます。
    D.K君(埼玉平成高等学校)
  • 人数が少ないからこそ、チームメイトと深い絆で結ばれながら野球をすることができました!また技術だけではなくメンタル面の向上もあり、人間としても成長できたと思います!
    T.U君(明治大学付属野八王子高等学校)
  • 県央では、1日1日の練習が効率よくおこなわれるので 自然と体に身に着きます。また人数が少ない分 一 人一人が多くの事にチャレンジすることができ、自分の力を高められると思います。
    T.S君(東京立立川高等学校)
  • 県央は人数が少ないですが、その分一人一人の練習が多くできます。また平日練習がないので勉強との両立も可能です。両立できるよう、しっかり頑張って下さい!
    S.Y君(神奈川県立大師高校)
  • 3年間、監督、コーチご指導ありがとうございました。試合に勝つための基礎練習の大切さを学びました。これからの高校での野球も頑張っていきます!
    R.W君(横浜商科大学高等学校)
  • 県央は指導がとても細かく丁寧なので、自分次第でどんどん野球が上達します。また野球以外でも勉強や礼儀も大切にするので人間的にも成長できるチームだと思います。県央で野球ができたことに心から感謝しす。
    R.I君(東京都立狛江高等学校)
  • 県央でとても良い仲間に恵まれ、楽しかったです。監督、コーチたちから指導して頂いた技術や礼儀を高校野球で生かしていけるように頑張っていきます。
    S.T君(目黒学院高等学校)
  • 人数が少ないという過酷な状況ながら地道にトレーニングを重ね強い体を手にすることができました。勉強と野球を両立して三年間頑張ってください。
    M.T君(神奈川県立海老名高等学校)

第一期卒団生からのメッセージ

『効率の良い練習で、自分を磨けるチーム』

 県央の監督はとてもギャグセンスがある方で、楽しみながら野球ができます!(笑)
 また、指導者の方々は厳しい中にも親身になって優しく教えてくださるので、とてもやりやすいです。
先輩方も皆優しいので、気なることがあったらなんでも気軽に質問をしてください。
 県央は人数が少ない分、1人ひとりが集中し、より多くの練習ができます。
中身の濃い練習が効率よくできるので、自分の才能も十分に磨けると思います!

T君(神奈川県立座間総合高等学校)

『個々の力を発揮できる、理想の環境』

 県央のいいところは、なんといっても皆フレンドリーで楽しく野球をやっているところです。
ただの仲良し野球ではなく、個々が自分の意思をしっかりともてる、そしてそれを発揮できる環境なので、無理なく確実に個々力をつけていける、そんなチームだと思います。
 高校野球は中学野球より遥かに厳しいので、高校に入る前にはしっかりと力をつけて、自分の意思をしっかりともって臨んでいくことが大事だと思います。

Y君(埼玉平成高等学校)

『大切なのは、自分たちで考える力』

 このチームで私たちは一期生として3年間、野球を続けてきました。
 平日練習はないため自分たちで自主練習に取り組み、その結果、自分の力を伸ばすために何が必要なのか考える力もつきました。
そして平日はしっかりと勉強する時間を確保できたため、野球と勉強を両立させることができました。
 また先輩・後輩の仲がとてもよく、選手同士でよくコミュニケーションを取ることができました。
チームを作り上げて行く中、小さな目標でも全員が一つの方向を向いて努できたことは、本当に良かったことだと思います。

K君(神奈川県立麻溝台高等学校)

-->