神奈川県央ヤングクラブ

勇往邁進

~ 集中<夢中 ~

ご挨拶

神奈川県央ヤングクラブ(KK-YC)は『感謝を力に勇往邁進&TEAM AS ONE』を合言葉に正々堂々チャレンジ!活動するクラブです。
野球には「技術上達の喜び」や「勝利の喜び」「スポーツマンシップとフェアプレイの精神」に象徴されるように社会生活を営む上での総合的な能力を養うための要素が数多く含まれています。

ルールやマナーを大切にし、個性を尊重する。
色々な事態に的確かつ迅速に対応する。
野球を通じて培われたこうした能力は、成長するうえで実生活で求められる能力をカバーすることに役立ちます。
また、子どもは子ども同士の人間関係の中で育ちます。
地域や家庭環境の違う子ども同士が野球を通じて、お互いを理解し、尊敬し、尊重しながら自らを向上させようと努力し活動することが大切なことと考えております。

子どもを取り巻く環境が大きく変化している現在、これまでの指導を超えた新しいあり方がが求められています。
KK-YCスタッフの役割は「プレイヤー自身が”なりたい”と思う自分に近づくために、その活動をサポートすること」と考え「教え導くこと」より「いくつもの視点からきめ細かく情熱をもってサポートしていくこと」と考えております。
また、野球を通じて色々な体験を数多く経験する環境を提供することで感じる力、考える力、伝える力、行動する力を向上させ対応する力をつけ、生きる力を育むお手伝いが出来ればと考えております。

神奈川県央ヤングクラブ(KK-YC)で私達と共にチャレンジしたい野球少年をお待ちしております。

2013年7月24日付日刊スポーツ紙、ヤングリーグ情報にチーム紹介を掲載頂きました。

 

神奈川県央ヤングクラブの歴史は君達が創る!

会長 渡邊泰隆

 選手募集ページへ